トップページ>ブラック企業と戦う労働者のための「孫子の兵法」活用塾

ブラック企業と戦う労働者のための「孫子の兵法」活用塾

『ブラック企業と戦う労働者のための「孫子の兵法」活用塾』のアイキャッチ

ブラック企業との戦いが「戦い」である以上、戦いについて述べた兵法の最高傑作「孫子の兵法」を読み、活用することは大変に有意義だと言えます。

「孫子の兵法」は、経営者やエリートビジネスマンだけのものではないのです。私たちのように、労働紛争において立場の弱い労働者こそ、積極的にその教えを活かしたいですね。

このカテゴリーでは労働者目線を徹底して貫き、ブラック企業との戦いにおいて「孫子の兵法」をどのように活用したらいいのかを、具体的にわかりやすく説明します。

戦いの計画段階における「孫子の兵法」活用法

ブラック企業との戦いは重大事。正に「兵は国の大事なり」。

『ブラック企業との戦いは重大事。正に「兵は国の大事なり」。』のアイキャッチ

ブラック企業との戦いは、労働者の家計に深刻な影響を与える重大な事件となるでしょう。会社と戦うことで従業員の地位が脅かされれば、収入源を絶たれるからです。「孫子の兵法」の「兵は国の大事なり」の教えとともに、大事となる理由と対処法を説明しましょう。

 『ブラック企業との戦いは重大事。正に「兵は国の大事なり」。』のページへ

ブラック企業との戦いは「兵は詭道なり」そのもの。心せよ!

『ブラック企業との戦いは「兵は詭道なり」そのもの。心せよ!』のアイキャッチ

ブラック企業との戦いには見え透いた嘘やだましあいが横行し、潔い戦いなどはありません。まさに「詭道」です。このページでは、「孫子の兵法」の「兵とは詭道なり」の教えを参考に、戦うときの心構えを話します。

 『ブラック企業との戦いは「兵は詭道なり」そのもの。心せよ!』のページへ

「上兵は謀を伐つ」でブラック企業に戦わずして勝つ!

『「上兵は謀を伐つ」でブラック企業に戦わずして勝つ!』のアイキャッチ

 ブラック企業の企みを察知し、計画的な行動でその企みを挫折させることは「戦わずして勝つ」ことを意味し、「孫子の兵法」においても最も評価される戦い方です。このページで、戦わずして勝つための方法を、詳しく説明していきます。

 『「上兵は謀を伐つ」でブラック企業に戦わずして勝つ!』のページへ

ブラック企業との戦いで「百戦危うからず」を実現する5条件

『ブラック企業との戦いで「百戦危うからず」を実現する5条件』のアイキャッチ

 『孫子の兵法』では、勝利をもたらす5条件を挙げています。当ページでは、この5つの条件をブラック企業との戦いに役立てるための詳しい解説をしていきます。

 『ブラック企業との戦いで「百戦危うからず」を実現する5条件』のページへ

「算多きは勝ち算少なきは敗る」を心してブラック企業と戦う

ブラック企業との戦いで勝算があるかどうかを冷静に判断して、勝ち目が少ないときは少ない場合の対処法を採り、多い場合はより勝ち目を多くする努力をする、という考えを、『孫子』の「算多きは勝ち、算少なきは敗る」を参照にしつつ説明していきます。

 『「算多きは勝ち算少なきは敗る」を心してブラック企業と戦う』のページへ

「五事七計」を用いてブラック企業と戦う時の勝算を測る方法

『「五事七計」を用いてブラック企業と戦う時の勝算を測る方法』のアイキャッチ

「孫子の兵法」の説く勝算を測る基準たる「五事七計」を用いることは、ブラック企業に負けないための準備として必要です。当ページでは、この基準をブラック企業との戦いの場面で当てはめ、実際に勝算を測る方法を説明します。

 『「五事七計」を用いてブラック企業と戦う時の勝算を測る方法』のページへ

ブラック企業との戦いは「拙速」(下手でも速く)が望ましい

『ブラック企業との戦いは「拙速」(下手でも速く)が望ましい』のアイキャッチ

結果に固執するあまりブラック企業との戦いが長引くことは、労働者の家計を窮地に追い込み、いいことはありません。このページでは「孫子の兵法」で説く”「拙速」(下手でも速く)終わらせること”が、なぜ労働紛争でも重要であるかを説明します。

 『ブラック企業との戦いは「拙速」(下手でも速く)が望ましい』のページへ

現状の「己を知り」、ブラック企業との戦いの準備を始める

『現状の「己を知り」、ブラック企業との戦いの準備を始める』のアイキャッチ

 「孫子の兵法」は、「自分と相手を知る」ことの重要性を挙げ、それが達成されると百戦しても負けることはないと力強く主張しています。このページでは、自分自身についていったいどのような情報を知ればいいのかについて説明しましょう。

 『現状の「己を知り」、ブラック企業との戦いの準備を始める』のページへ

できる限り「敵を知り」、ブラック企業に負けない態勢を作る

『できる限り「敵を知り」、ブラック企業に負けない態勢を作る』のアイキャッチ

 「孫子の兵法」では、自分と敵を知っていれば百回戦っても危機的な状況にはならない、と断言します。このページでは、知るのが難しいとされている「敵」(ここでは「ブラック企業」)の現状を知る方法を詳しく説明します。

 『できる限り「敵を知り」、ブラック企業に負けない態勢を作る』のページへ

自己の状況に応じた戦法を!~小敵の堅なるは、大敵の擒なり

 ブラック企業との戦いを決断した労働者ごとに、置かれた状況や勝算に違いがあります。当ページでは、戦況を「優勢・互角・劣勢」に分け、各戦況に応じた戦法を「孫子の兵法」の教えを参考して説明します。

 『自己の状況に応じた戦法を!~小敵の堅なるは、大敵の擒なり』のページへ

ブラック企業が攻撃してきても負けることのない態勢の作り方

 ブラック企業に先手を打って勝利するには、的確な反撃をしてくる相手を打ち破る必要性もあるゆえ、容易ではありません。しかし負けない態勢作りは、自己の努力のみで大部分を達成できます。このページで「孫子の兵法」を参考にし、負けない態勢づくりの重要性と作り方を論じます。

 『ブラック企業が攻撃してきても負けることのない態勢の作り方』のページへ

「将とは国の輔なり」を参考にした労働紛争専門家の活用方法

 「孫子の兵法」の「将とは国の輔(たすけ)なり」の教えを参考にした、労働者のための労働紛争専門家の活用方法を説明するページです。活用方法のみならず、活用時の注意点、良い専門家の見分け方についても説明します。

 『「将とは国の輔なり」を参考にした労働紛争専門家の活用方法』のページへ

無計画で激情的な復讐は避ける~亡国は以て復た存す可からず

 無計画で激情に駆られた復讐戦のデメリットを説明し、労働者がブラック企業との戦いで最も大切なものを失ってしまわないよう冷静な再考を促すページです。復讐戦の意義と、無計画な復讐戦のむなしさを比べつつ説明します。

『無計画で激情的な復讐は避ける~亡国は以て復た存す可からず』のページへ