トップページ>労働組合・ユニオンを活用してブラック企業と戦う!

労働組合・ユニオンを活用してブラック企業と戦う!・インデックスページ

労働者がブラック企業と対決するとき、労働組合が後ろ盾として控えていてくれたら、会社はあなたの法に基づいた要求を、受け入れてくれる可能性が高くなります。

しかし、昨今の労働者の気質は、「長いものに巻かれろ」「波風立てず平穏に」などの傾向が強まり、強力な労働組合があるケースは失われつつあります。

ではどうすべきでしょうか?その答えは、「自ら有志を集め労働組合を結成すること」と、「合同労組に個人加入して、来るべき法違反に備える」の策を実行すること、でしょう。

ではこのカテゴリーにて、組合の結成方法、合同労組へ個人加入することなどについて説明していきましょう。

「合同労組」に個人加入することについて知りたい方はこちら

「合同労組」に個人加入してブラック企業と戦う!

零細ゆえ労働組合を結成するのが難しい労働者の方、もしくは、組合を自ら結成をするのが大変だと考える労働者の方には、個人で「合同労組」に加入する道があります。当ページで、「合同労組」に個人加入することのメリットと注意点を説明します。

『「合同労組」に個人加入してブラック企業と戦う!』のページへ

労働組合を結成する方法を知りたい方はこちら

労働組合法に守られる労働組合とは?法適合労働組合を作ろう

労働組合を作るうえで、労働組合法の定める労働組合の条件を知ることは必須です。その条件を満たさないと、労働組合法の規定によって組合の権利が守られないからです。当ページで、条件を満たす労働組合を作るための基礎知識を説明します。

『労働組合法に守られる労働組合とは?法適合労働組合を作ろう』のページへ

団体交渉の仕方について知りたい方はこちら

使用者の応じるべき団体交渉事項を知り、団交拒否に備える!

団体交渉で「話し合う対象となり得る事項」の範囲と、使用者が団体交渉において「必ず応じなければならない事項」の範囲について、このページで説明していきたいと思います。

『使用者の応じるべき団体交渉事項を知り、団交拒否に備える!』のページへ

団体交渉に応諾義務を負う「使用者」の範囲を知ろう!

雇用形態の複雑化と増加で、どこまでの範囲が団体交渉に応じるべき使用者であるか判断が難しくなっています。当ページでは、あいまいとなりがちな「団体交渉に応諾義務を持つ使用者」の範囲を、明確にしたいと思います。

『団体交渉に応諾義務を負う「使用者」の範囲を知ろう!』のページへ

団体交渉申入書をかかげ、悪徳会社との団体交渉を始めよう!

団体交渉を開始する時の最低限取り決めるべき事項・手続きの流れ・団体交渉申入書の書き方等についてこのページで説明したいと思います。

『団体交渉申入書をかかげ、悪徳会社との団体交渉を始めよう!』のページへ

不当労働行為の基礎知識と戦い方について知りたい方はこちら

「黄犬契約」という不当労働行為の基礎知識と戦い方を知ろう

不当労働行為のひとつ「黄犬契約」。このページでは、そのユニークな名前の由来と戦うための基礎知識、そして具体的な戦い方を説明していきます。

『「黄犬契約」という不当労働行為の基礎知識と戦い方を知ろう』のページへ

「不利益取扱い」という不当労働行為の知識と戦い方を知ろう

労働組合法第7条で列挙される不当労働行為のうち、「不利益取扱い」に焦点を絞り、戦うための基礎知識と具体的な戦い方について説明するページです。

『「不利益取扱い」という不当労働行為の知識と戦い方を知ろう』のページへ

「団体交渉の拒否」という不当労働行為と戦うための基礎知識

「団体交渉の拒否」という不当労働行為について説明するページです。形を変えた巧妙な団体交渉拒否、団体交渉拒否に対する具体的な戦い方についても説明します。

『「団体交渉の拒否」という不当労働行為と戦うための基礎知識』のページへ

「第三者の強要」「こじつけ」による不当労働行為との戦い方

「第三者の強要」または他の理由に「こじつけ」られて不当労働行為をされた場合に、戦うための知識と具体的な戦い方について説明するページです。

『「第三者の強要」「こじつけ」による不当労働行為との戦い方』のページへ