トップページブラック企業による非正規雇用に対する不当な扱いと戦う!>パート従業員がもらえる有給休暇日数を知ろう!

パート・アルバイトへ与えられる有給休暇は何日?

パート・アルバイトのような、労働時間が一般の従業員と比べて少ない労働者は有給休暇をどのくらいもらえるのだろうか?という疑問に答えるページです。

「パート従業員は有給休暇を使うことができない」と、堂々と労働基準法違反をするブラックな企業もあります。そんな企業のバカげた居直りに損をしないためにも、本ページにてパートの皆様が法律上当然に獲得し、権利行使できる有給休暇日数を把握してください。

パート・アルバイトなど、短時間労働者に与えられる年次有給休暇の日数

通常に与えらえる場合

 週所定労働時間が30時間以上であれば、与えらえる有給休暇の日数は一般の労働者と同じとなります。

 週の所定労働時間が30時間未満であっても、週の労働日数が5日以上か、それとも年間の労働日数が217日以上であれば、一般労働者と同じになります。

 つまりこれらの条件を満たせば、会社に入社してから6か月が過ぎた後に10日の有給休暇が与えられることになります。

具体例:一日4時間、週に5日出勤しているパート社員Aさんの場合

 Aさんの場合ですと、週の所定労働時間は20時間です。だから週30時間に及ばない。

 しかし、Aさんは週に5日出勤しています。よって週5日以上の条件を満たしているため、一般の労働者と同じ有給休暇の数が与えられます。

所定労働時間に応じて与えられる場合(比例付与)

 週の所定労働時間が30時間未満でかつ週所定労働日数が4日以下の場合は、その所定時間に応じて段階的に有給休暇を与えれる日数が変化していきます。

 この方式を、一般的に「比例付与」と読んでいます。呼び名はどうでもいいことですが、もし不当な会社と有給休暇をめぐって交渉する時は、この名前を知っておくと、相手に対してこちらの知識を示すことになり、効果的かもしれません。

 与えられる日数は下図の通りです。

「週所定労働時間30時間未満かつ週所定労働時間日数4日以下の場合の有給休暇の付与日数」の図
週所定労働時間30時間未満かつ週所定労働時間日数4日以下の場合の有給休暇の付与日数

パート・アルバイトに有給休暇が与えられる時のさまざまな疑問点

パート・アルバイトの所定労働日数が変更された時は、それに応じてもらえる日も変わってくるの?

 パート・アルバイトの所定労働日数が変更されることは、よくあることです。その場合、与えられる日数はどうなるのでしょうか?

 この場合は、基準日における勤続年数と所定労働日数によって、与えられる有給休暇の数が違ってきます。

 基準日とは、年次有給を与えられる日のこと。その日の所定労働日数によって与えられる数が変わってくるのです。

 ・・・例えば、基準日に所定労働日数が3日になっていて、かつ雇用されてからの期間が1年6か月の時は、与えられる日は6日となります。

雇用契約が中断した場合の、継続勤務年数は?

 有期の労働契約を結んでいる場合によくあるケースを挙げましょう。契約更新と契約更新の間にわずかな期間を設け、「そこで雇用関係は終わったのだから、継続勤務じゃない」と言いがかりをつけ、いつまでたっても有給休暇を与えないケースです。

 しかしこの場合、中断の期間が1週間とか2週間である場合は、継続して勤務しているものとみなされます。

 とんでもない言いがかりだと思われるでしょうが、実際に不利益を被る側がなにも言わないと、このような人を馬鹿にしたような例も跡を絶たないのです。

免責事項

 当サイトは、利用者が当サイトに掲載された情報を用いて行う行為について、一切責任を負うものではありません。

 法律等は頻繁に改正等が行われますので、あくまでも参考としてください。また、本サイトは予告なしに内容を変更することがあります。