トップページブラック企業と戦う経済力を得るための「経済的自立」講座>少額でもいいので、「雇われない」副業での収入を生み出そう

少額でもいいので、「雇われない」副業での収入を生み出そう

会社での給料以外に副収入を・・・と考えると、まず思いつくのが、空いた時間でのアルバイトです。

確かにアルバイトをすれば、すぐに、かつ確実にお金は入ってきます。しかし仕事以外の空いた時間は有限であり、稼いだお金をよほどうまく運用しない限り、いつまでたっても経済的自立を実感することはできないでしょう。

またアルバイトからの収入を頼りにすることは、依存先を一つ増やすだけです。依存先が増えれば、それだけ、労働トラブルでダメージを受ける機会が増えることになります。

しかし何より、アルバイトでの副業収入では、お金が入ってくるだけであり、自分でビジネスをするための勉強や経験ができないのが最も良くないのです。

当ページでは、当サイトがなぜ、「雇われない」副業をすること勧めるのか?を説明し、併せて「雇われない」で副業をする方法を説明します。

どんなに少額でもいいので、自らの力だけで、お金を生み出してみましょう。それが経済的自立の第一歩になるのですから。

アルバイトの副業に頼ることの危険性

お金を得るのに最も手っとり早い仕事後のアルバイト。しかし、安易に走る前にちょっと待って・・!

 複数の収入を持つ、と言うと、まっさきに思い浮かぶのは「会社時間の合間のパート・アルバイト」です。

 その考えは完全に間違っている、とは言えません。てっとり早くお金を得るためには最も有効な方法です。働けば確実にお金も入ってきます。

 しかし、収入を会社からの給料に依存するという点では、アルバイトも正社員も変わりません。依存する先が一つ増えるだけです。もしアルバイト先にも依存するようになったら、2つの働き場所での悩みを抱えなければなりません。

 はたして本当にそれでいいのでしょうか。このカテゴリーの趣旨は、会社からの給料に依存しない真の経済的自由の獲得でした。もしあなたが2つの勤め先からの収入に依存したならば、まさに”ミイラ取りがミイラ”でしょう。

 人によっては、「一つの会社の給料が無くなっても、もう1つの会社の給料があるから安心だ」というでしょう。その考えも完全に否定は出来ません。

 私がアルバイトの欠点だと思う理由をあげます。

  • 本業に比べて時給が半額くらいでお金を稼ぐ効率が悪い
  • アルバイトは基本的に時間の切り売り。アルバイトに時間を取られてしまい、将来の夢のために投資する時間がほとんど無くなる
  • アルバイトからの収入で家計が維持できると、これでなんとかなると勘違いしてしまい、根本的な解決策を得る努力がおろそかになる
  • 切り売りした時間以上の金額を将来得ることはほぼ確実に無い。ずっと切り売りした時間額のみ。よって、今目の前の生活費だけを稼ぐための手段にしかならない

あなたは「自由からの逃走」の道を選ぶか

 これだけ書くと、経済的自由を獲得する手段として私がアルバイト・パートを考えていないことがお分かりかと思います。

 もしあなたが、今すぐ期日までにお金が必要(例えば借金)な時はアルバイト・パートを考えざる得ないでしょう。しかし、もしあなたがそうでないならば(今の生活が苦しいだけであり、生活費等を切り詰めるならなんとかなるなら)、将来自分の力でお金を稼ぐことが出来るようになるために時間を割くべきです。

 この方法を取ると、お金はすぐには入ってきません。しかし多くの成功者達は、目先の少しのお金のために働きません。ずっと先の、本当に自分が望む事業の成功のために何か月も何年も無償で働くのです。

 お金が入るまでの道のりは極めて地味でしょう。しかし自分が心の底から望む事だから、没頭して耐え忍ぶことが出来ると思います。

 この考えこそ、自分自身の喜びの為に働く、自分のために働く、ということです。アルバイトは、行き着くところ会社の利益のために”働かされている”のです。そこで働いたことは、将来自分のしたい事に直結しません。そこには自由はありません。お金に縛られた上で、一体どんな自由があると言うのか?どのように働くかは自由です。人は、どうしても雇われた働き方をしてしまうのです。

 エーリッヒ・フロムの言ったように、、「自由からの逃走」でしょうか。

 例えアルバイト先でいくらかのお金を得たからと言って、それがあなたの人生を真に自由にするお金となりえるでしょうか?働いた分しかお金は入らず、ストレスは溜まる一方・・・。それでは目標を実現する過程があまりにツマラナイですね。

 以上の理由から、アルバイト・パートは緊急時の手段に限定する、が私の持論です。時間の投資法としては、あまりに効率が悪いからです・・。

 ・・・フロムは、ナチスに流されていくドイツ国民を見て、この名著を著しました。今私は、安易に「正社員は人生の安全コース神話」・「雇われる方が安心神話」に流れる人々を見て、この名著の警告めいた意義を確認しているところです。

「雇われない」副業での収入を生み出すことのメリットとデメリット

「雇われない」副業のメリット

 「雇われない」副業でのメリットは、「自分の生み出した価値でお金を得る」過程を作り上げる方法を学べることです。実はこの点が、メリットの大半を占めるのです。お金を得る努力をしながら、経済的自立のための方法を勉強できるのです。

 お金を得る方法、というと、金持ちになるための法則や方法論ばかりがクローズアップされます。怪しげなネット上の方法についての情報が、とても魅力的なうたい文句で私たちを誘います。

 しかし、他人が書いた魅力的すぎる情報は、しょせん他人の方法であります。他人の情報は、多くの場合、あなたではできないのです。それはあなたが劣っているからではありません。あなたはあなた自身が行動して成功したり失敗したりして、そうして初めて分かった方法しか続けられないのです。

 あなたが続けられる方法は、あなたが「雇われない」副業を通して知るしかありません。言い換えれば、メリットとは、「あなたしか生むことができない価値とは何かを知ることができる」と言えるかもしれません。そのうえで、「自分の生み出した価値でお金を得る」過程を作り上げる方法を模索するのでしょう。

「雇われない」副業のデメリット

 「雇われない」副業でのデメリットは、「雇われ」副業と違って、お金を得るために時間がかかったり、失敗することです。また得たとしても、最初のうちは「雇われ」副業に比べて得るお金が少ないことです。

 「雇われない」副業で結果が出る時間は、アルバイトをするのと比べて大変な時間がかかります。あなたが目指すべき分野において、あなたの腕や知識が未熟な状態であるならば、成熟するための努力に充てる時間も必要となります。そして実際に業を始めても、最初は反応も少なく、目に見えた成果は出ません。

 アルバイトであれば、幾日か働いて締日を過ぎ、その後給料日になれば、すぐにお金が入ります。その時間的な差に、多くの人はめまいを起こすでしょう。成果を手にするまでの時間の長さが、「雇われない」副業を行う上での最大の欠点となるのです。大半の人が、成果が出るまでにあきらめてしまうのです。

 しかしアルバイトは、辞めてしまえばそれまでです。「雇われない」副業であれば、費やした時間は経験となり、後日必ず生きることになります。「どうしてもお金がすぐに必要」という人以外は、「雇われない」副業をすることを勧めます。

 それでもアルバイトの方がいい、という方は、せめて、あなたの将来の目標に近い職種でアルバイトをすることを考えてみてください。そのような都合のいい職種があるかはわかりませんが、探してみる価値はありますね。

「雇われない」副業での収入を生み出し、経済的に自立するには?

 「雇われない」副業で収入を得るためには、まず最初に、あなたが生み出すことができる「価値」をしっかりと見定めることです。

 決して、インターネット上で言われているような、稼ぐのに効率がいい分野にターゲットを定めてはなりません。興味もない分野での努力など、決して続きません。

 アフィリエイトを例にとりましょう。ネット上では、クレジットカードのアフィリエイトが効率がいい、と言われていますが、その分野に興味のない人がクレジットカードを契約させるための情報ページを作っても、苦痛なだけです。苦痛ゆえ、ページの内容もありきたりで内容の薄いものになってしまいます。ネット上にあふれるクレジットカード紹介のページがつまらなくて同じようなものばかりなのは、そのためなのです。

 たとえどんなにマニアックでもいいので、あなたが時間を忘れるくらい打ち込める分野をはっきりとさせ、勉強し、腕を磨くことです。

 経済的自立の状態になるためには、必ずしも大金持ちになる必要はないのです。あなたの支出を、「雇われないで得た収入」が上回れば、経済的自立なのですから。

 よって、「雇われないで得た収入」が支出をなるべく早く上回るためにも、無理のない範囲内で支出を削減しないといけません。節約をするのではありません。お金の使い道を考え直すのです。支出の削減については、 経済的自立を加速させる!手軽な「シンプルライフ化」戦略 のカテゴリーにて説明しましょう。

免責事項

 当サイトは、利用者が当サイトに掲載された情報を用いて行う行為について、一切責任を負うものではありません。

 法律等は頻繁に改正等が行われますので、あくまでも参考としてください。また、本サイトは予告なしに内容を変更することがあります。