トップページブラック企業と戦う経済力を得るための「経済的自立」講座>経済的自立に向け、まず副収入「5万円」を目指そう!

経済的自立に向け、まず副収入「5万円」を目指そう!

経済的自立、という言葉を使うと、多くの人は、「金持ちになる」ことを連想するようです。

しかし、経済的自立を目指そうと考えたキッカケがブラック企業による労働基準法違反であった方は、「経済的自立=金持ち」と考えてしまうと、その目標が高すぎて、途方に暮れてしまうかもしれません。目指すべき目標は、ある程度現実味を帯びていた方がいいのです。

ましてや今現在、労働基準法違反にさらされている人ならなおさらです。そのような方にとって最も重要なのは、「行動する」ことなのですから。目標が現実的であれば、今すべきことも想像しやすいでしょう。

経済的自立とは、収入が支出を上回った状態、とここでは考えます。多くの人が支出を上回る副収入など手にすることはできないので、まずは5万円の副収入を目指しましょう。給料以外に5万円が入ってくるようになれば、残業への強迫的な依存状態も解消され、転職などの選択もできるようになり、気持ちが楽になるからです。

残業代に依存する現状から脱出するための「月5万円の副収入」

いきなり「小金持ち」も難しい。まして「大金持ち」なんて非現実的。

 あなたは給料以外の収入を持っていますか?それはいくらですか?全く副収入など無い、という方でもあきらめることはありません。多くの人が経済的自立をあきらめるのは、いきなり30万円近い副収入を得ようと考えるからなのです。

 「副収入」とか、「経済的自立」などの言葉の周辺を調べてみると、やたらと「大金持ち」になることを最善とするような本や教えが目につきます。そしてそれらの本の中身を見ると、精神論や宗教じみた習慣の強制が行われ、挙句に著者のセミナーへ無意識のうちに誘惑される結果となります。

 はっきりと言ってしまえば、これらの本で読者が金持ちになることなど、決してありません。それらの本で大金持ちになる人は、その本の著者だけです。本の印税、その本の中で紹介されているセミナーや学習会、通信教育、情報商材によって金持ちになるのです。

 金持ちになる、という非現実的なあこがれがあるから、これらの情報によって遠回りさせられるのです。まず最初は、副収入の目標をもっと低くするべきです。私は経済的自立を加速させるラインは、月5万円であると考えています。 月5万円、というのは適当な数字ではありません。ちゃんと根拠があります。この額の根拠を示しましょう。

まず残業代依存状態から脱却するための、副収入「月5万円」

 多くの企業での平均残業時間は三十時間から四十時間だといわれています。仮に残業時間の時給単価が一時間1,400円だとすると、月42,000円~56,000円となります。

 多くの家計は残業代をアテにして生活をしています。残業代をアテにしていない家計でも、残業代が多い月は必要以上の無駄遣いに走ってしまうでしょう。浪費には依存性があります。浪費によって心を満たしてストレスを発散しているならば、残業代に依存しているのと変わりません。

 その家の家計が残業代に依存しているなら、残業がコンスタントにある職種に行かねばなりません。残業が安定してある会社・業種はある程度絞られます。その業種があなたの好きな業種ならいいのでしょうが、そのケースは少ないでしょう。多く人は残業代の為に、まったく自分にとって興味のない職種・業種を選ぶのです。

 その場所での残業代に依存する、ということは、労働基準法違反をされた時に、会社から足早に脱出できる可能性を極端に下げてしまいます。

 あなたは好きでもない職種に生活費のためにしがみつかないといけません。そのとたん、あなたは精神的にかなりの不自由さを感じるでしょう。自分の好きな仕事に転職したい、好きな仕事がしたい、と考えても経済的に自由(ここの場合、残業代から自由でないと言った方がいいかも)でないと仕事の種類すら選べません。

月5万円の副収入があれば、あなたの心の向く会社へ行けるので、気が楽になる

 あなたに月5万円の副収入があればいかがでしょうか?あなたはもう残業代を頼りをしなくてもいいのです。よって、転職の時に自分の好きな分野・自分の身の丈にあった仕事を選ぶことができます。

 また、給料手取りが15万円くらいの会社でも転職対象とすることが出来ます。これならば、転職の幅が大いに広がります。給料が低めの会社というのは、労働時間ものんびりしているところが多いです。その会社に就職し、その合間に自分のビジネス構築に時間を割くこともできます。もちろんこのケースは、結婚してない労働者でなければ厳しいかもしれませんが。

 好きな仕事であれば、あなたは今までより没頭して働く可能性が高くなりますから毎日が充実してきます。結果給料があがり、その金額を投資に回せるかもしれません。副収入が増えていくならば、経済的自由獲得のためのスピードが加速していくでしょう。

 どうでしょうか?月5万円の副収入の威力は。この方法は経済的自立の状態になる上での最初のスタンダードな方法です。手早く経済的に自立する方法ではありませんが、誰でも取り組むことが出来る方法だと思っています。

 私も最初はこの目標から入りました。手軽と言いましたが、無駄遣いが出来なくなる分、なかなか大変です。自分のビジネスを構築するための知識(法律・自分のビジネス分野の知識・ウェブ知識など)も学ばないといけません。しかしそれはそんなに難しくないです。何より動機づけがあって、楽しいのです。

 「副収入5万円」はあくまで各家庭の事情によって変わってきます。柔軟に捉え、「今の職場にしがみつかなくても生活していける」という心の余裕をつかみとれるように給料以外の副収入を獲得してください。

免責事項

 当サイトは、利用者が当サイトに掲載された情報を用いて行う行為について、一切責任を負うものではありません。

 法律等は頻繁に改正等が行われますので、あくまでも参考としてください。また、本サイトは予告なしに内容を変更することがあります。